食品で使用可能な医薬品 6

食品で使用可能な医薬品 6

 

オオバコ

 

オオバコは車前子と車前草と両方とも食品で使用できる医薬品です。

 

車前子

 

車前子は単独では尿路の働きを活発にして排尿困難、排尿障害、妊婦の排尿障害に効きます。 

 

 

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)

 

地黄、山茱萸 山薬 沢瀉 茯苓 牡丹皮 桂皮 加工ブシ 牛膝 車前子で構成されています。高齢者の頻尿、膝や腰の痛みに使います。

 

五淋散(ごりんさん)

 

茯苓 当帰 オウゴン 甘草 芍薬 山梔子 地黄 沢瀉 木通 滑石 車前子で構成されています。

五淋散は膀胱炎に使われる処方で、天然抗菌剤(作用的には除菌作用)です。

 

竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)

 

当帰 地黄 木通 オウゴン 沢瀉 車前子 竜胆 山梔子 甘草から構成されています。 化膿してしまっている膀胱炎に使います。

 

車前草

 

車前草は漢方に処方されることはないです。

車前草の効能は鎮咳作用 気管、気管支の分泌促進作用です。合成薬ならメジコン+ムコダインというところです。

 

車前子も車前草もほとんど食品では利用されていないので差別化になるでしょう。

 

たとえばノコギリヤシ+車前子で頻尿改善

車前草はのどあめに車前草エキスを配合するとか