大豆イソフラボン

 

学名:Glycine max

 

日本では古来より大豆を加工して食していました。畑の肉といわれるほど、タンパクが多い北諸仏です大豆の煮ものはもちろん、日本人には欠かせない食材です。 その大豆にはフィトケミカルのイソフラボンが女性ホルモン作用があることが分かっており、女性の更年期への移行時期の症状を軽減していることがわかってきました。 

 

これがイソフラボン類の基本骨格です

イソフラボン

これが更年期にへってくる女性ホルモンの肩代わりをしてくれるんですね。

 

 

大豆の加工食品の数々

 

日本人が大豆を様々な形で食していることは意味があります。

 

大豆として、煮豆、入り豆、枝豆、もやし、きなこ

加工品として 豆腐、高野豆腐、豆乳 納豆 ゆば  油揚げ 厚揚げ

発酵調味料として 味噌、醤油

 

これだけ応用されている食材もないです。