苦丁茶(くていちゃ)

 

学名:llex kudingcha(モチノキ科)

 

中国では一般的に飲まれているお茶ですが、日本ではめずらしい中国茶です。 とにかく大変苦いお茶です。 私も飲みましたが、顔がゆがみました。

 

 ツバキ科のお茶の仲間ではないため、カフェインを含んでいません。日本では100gで2500円ほどするほど高いお茶です。

お湯を入れていくとゆっくり茶葉が広がっていくのは、見ていても楽しい

お茶です。

 

苦茶

 

【期待できる効果】

 

頭痛や目の疲れを取るといわれています。 よって風邪や目のかゆみ、赤目、頭痛の際に使います。 解熱、下痢止めにも効果的であるといわれています。また痰を取り、咳止めにもなります。気管支炎にも効果的であり、消化を助け、気力と記憶力を充実させるとも言われています。 

 

また血圧、コレステロール、中性脂肪を減らすことが確認されています。

ダイエット効果や抗酸化作用もあるようです。

 

【成分】

 

トリテルペン類、βシステロール、クマル酸エステル、カテキン類、ルチンなど。 また亜鉛、マンガン、銅、セレンが多く含まれているといわれています

 

 

良薬は口に苦しとは本当のことですね。