杜仲葉エキスパウダー 25%

杜仲葉エキスパウダー

 

日本では高血圧のトクホがとられて有名になりました。 成分はクロロゲン酸です。
このエキスはクロロゲン酸を25%まで高めています。

 

クロロゲン酸とは?

クロロゲン酸

 

 

 

 

 

コーヒー豆から初めて単離されたフィトケミカルです。含まれているのが有名ですが、杜仲葉にも含まれているんです。

 

クロロゲン酸の作用

 

ダイエットや脂肪肝予防、糖尿病予防の効果があることは知られています。

またインスリン様成長因子であるIGF-1の分泌促進作用があることが分かっています。

 

IGF-1の働き

 

主に肝臓でGH(成長ホルモン)による刺激で分泌されます。インスリン様作用もさることながら、細胞成長と発達、細胞DNA合成を調整することが分かっています。