ロズマリン酸の中国文献

ロズマリン酸の作用

 

弊社パートナーオーロピュアライフサイエンスより提供された、中国文献がありましたので、翻訳費用をお支払いして翻訳してもらいました。

 

要点だけを書きます。

 

 

 

 

ロズマリン酸

 

気になる作用だけピックアップいたします。

 

〇 キサンチンオキシダーゼ阻害作用

尿酸の合成を阻害する作用があります。

 

〇 抗腎炎、抗腎機能不全作用

利尿作用がありクレアニチンが低下、尿たんぱくが減少することが腎炎ラットで認められています。

 

これはすごいです 現代医療では腎不全による、人工透析患者が32万人を超えてきています。 40%が糖尿病性腎症です。 年間の透析費用はなんと500万円です。 すごいことですね。

 もしこの分野に薬ができたら、32万人の方が救われるのでしょう。

 

〇抗菌、抗ウィルス作用

風邪にいいですね。 風邪は70%がウィルスですからね。 ちなみにオリーブ葉エキスも抗ウィルス作用があります。

 

〇アトピー性皮膚炎改善作用

 人試験でロズマリン酸0.3%のクリームを塗ったら1か月~2か月で改善したということです。 

 

〇認知症改善作用

βアミロイドを分解作用あるようですから、認知症にも有効です

 

〇抗うつ作用

抗うつ作用までロズマリン酸にはあるようです。

ここまでくると本当だろうかと思います。

 

〇抗腫瘍作用

うーん 抗腫瘍か だいたい抗菌、抗ウィルス作用があるものは、抗腫瘍作用がありますね。 このロズマリン酸も作用があるのでしょう

 

〇肝臓保護作用

肝機能の機能回復もあります。 ウコンとかのお酒対策のリニューアルとかに応用できると思います。