鈴虫寺(京都)

お礼参り

 

昨年にお札をもらって祭っておりましたが、願いが実現したのでお礼参りにいきました。

個人でも商売でも願いを叶う不思議なお寺です。
人間関係でもそうですが、フィードバックはとても大切です。

日本で言うと「結果報告&感謝をのべる」ということになりますか。

仕事上でもホウレンソウは重要だと教えられますが、結果報告はここでいう報告ですね。

やれ!と言われないとやる人はまだよしとしても、やれといわれてもやらない人は
残念です。 

 

 

 

お礼参りで学んだこと

 

500円払ってお話を聞くことができるのですが、この話がすごい。

節分がちがいということで鬼の話をしていただけました。
鬼には赤鬼青鬼、黒鬼、黄鬼緑鬼の5種類いるそうです。
この鬼たちを払うのが節分ということでした。

赤鬼とは物欲、青鬼は悪口、黒鬼はネガティブ志向、黄鬼はわがまま、

緑鬼は怠惰を表しているそうです。
住んでいるところは私たちの心だそうです。 確かにいるような気がする。

 

また鬼のごはんは穢れだとのことですから、穢れは天津罪(能力を発揮しないこと)、

国津罪(能力を発揮することを邪魔すること)から発生することから、ここで神道と
仏教が私の世界でつながりました。 なかなか感慨深い一日となりました。
穢れをつくらず、心の鬼たちの餌をあげないで、5色鬼たちを成長させないように
精進すると誓いました。

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»