アストラガロシド類

アストラガロシド類

 

これはキバナオウギの成分です。  日本では医薬品扱いなのでほとんど知られていません。  漢方薬に処方されていて、黄耆建中湯、十全大補湯、防己黄耆湯などなど漢方薬ではアレルギーや体力がない弱っている人に処方されます。

 

さっとネットで見ると、心臓の肥大を予防したり、星状細胞の老化を阻害、加齢に伴う機能低下改善、糖尿病性腎症の軽減、エネルギー代謝改善作用により、2型糖尿病によって誘発される心筋障害を緩和、ヒト変形性関節症軟骨細胞におけるIL-1β誘発炎症反応を阻害し、マウスの変形性関節症の進行を改善などなどすげー作用がありますねえ。 いやーすごいすごい。

 

まだまだ漢方は作用が不明点が多く、なぜ効くのかよくわかっていません。今後解明されていくといいですね。

 

 

次の記事へ

»