葉隠入門を読んで 5

葉隠入門を読んで 5

 

名誉と富に執着すること

 

名誉と富に執着がないものは大方つまらない人間になり人をののしり高慢に役に立たず、ついには名誉と富に執着する人間に劣ってしまうものである。 今の役に立たないものだ。

 

これを読んだ時、実に哲学的であるなと思いました。

 

執着がないものは執着してしまうか。 思わずうなってしまった。 つまり執着があると堂々と言って居る者は

ある意味正直者であり、執着があるのに執着がないというのはうそをついているということ。

 

執着があるのにないとうそを言い、名誉や富に執着あるものをののしるという行動を見れば、執着があるということが分かるということか。 

 

深いなー 葉隠。