エキス紹介 オリーブ葉エキスの抗ガン作用

オリーブの葉抽出物の新しいターゲットとしての癌解糖依存

 

オリーブの主要な生理活性フェノール成分であるオレウロペイン(Ole)は、最近、その抗癌効果を含むいくつかの有益な特性のために科学的注目を集めています。この研究は、Ole(OLEO)を豊富に含むオリーブの葉の抽出物が、腫瘍細胞が利用する好気性解糖作用を妨げるかどうかを調査することを目的としています。私たちは、OLEOがメラノーマ細胞の増殖と運動性を低下させることを発見しました。 OLEOは、酸化的リン酸化に影響を与えることなく、ヒトメラノーマ細胞の解糖率を低下させることもできました。この減少は、グルコーストランスポーター-1、プロテインキナーゼアイソフォームM2およびモノカルボキシレートトランスポーター-4の発現、そのような解糖阻害の考えられるドライバーの有意な減少と関連していた。この研究を他の腫瘍組織型に拡張すると、OLEOの代謝効果は黒色腫に限定されず、結腸癌、乳癌、慢性骨髄性白血病でも確認されました。結論として、OLEOはさまざまな種類の腫瘍の解糖代謝を低下させるのに効果的な天然産物であり、補完的な抗癌療法に適している可能性のある拡張された代謝阻害活性を明らかにします。

 

Cancer Glycolytic Dependence as a New Target of Olive Leaf Extract.

Oleuropein (Ole), the main bioactive phenolic component of Olea europaea L. has recently attracted the scientific attention for its several beneficial properties, including its anticancer effects. This study is intended to investigate whether an olive leaf extract enriched in Ole (OLEO) may counteract the aerobic glycolysis exploited by tumor cells. We found that OLEO decreased melanoma cell proliferation and motility. OLEO was also able to reduce the rate of glycolysis of human melanoma cells without affecting oxidative phosphorylation. This reduction was associated with a significant decrease of glucose transporter-1, protein kinase isoform M2 and monocarboxylate transporter-4 expression, possible drivers of such glycolysis inhibition. Extending the study to other tumor histotypes, we observed that the metabolic effects of OLEO are not confined to melanoma, but also confirmed in colon carcinoma, breast cancer and chronic myeloid leukemia. In conclusion, OLEO represents a natural product effective in reducing the glycolytic metabolism of different tumor types, revealing an extended metabolic inhibitory activity that may be well suited in a complementary anti-cancer therapy.

前の記事へ

«

次の記事へ

»