格物致知(かくぶつちち)

格物致知(かくぶつちち)

 

古代中国における思想史上の術語のことで、格致(かくち)とも略されるそうです。 私はこの言葉は全く知りませんでした。 お恥ずかしいことで。

 

意味は「物事の道理や本質を深く追求し理解して、知識や学問を深め得ること」だそうです。

 

格物(かくぶつ): 「格物」は物事の道理を極めつくすこと。

 

致知(ちち): 「致知」は知識を極めること。

 

うーん 難しい。 古代中国は本当に哲学的だし、すべておいて極めていたんだろうなと思います。

 

 

 

 

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»