和方医学の環境衛生

和方医学の環境衛生

 

日本人として日本に生活していると全く認識できませんが、今回のコロナ騒動において、3密をさけるとか、握手をしない、はぐしない。 不特定多数の人とキスをしないなど。日本人なら日常やっていることが結構あることを認識した方いらっしゃるのではないでしょうか?

 

手洗い頻度、 挨拶の仕方 あまりくっつかないし、握手は政治家でない限りしない。 アメリカやヨーロッパではハグしたり、頬を合わせたり、キスしたり、いろいろなことをしています。

あとはマスクをする習慣があることです。 これは集団で生きていく中で、他人に迷惑をかけてはいけないという思いやりからではないでしょうか。 風邪をひいたらマスクをする。 咳がでたらマスクをして迷惑をかけない。

これが日本人の環境衛生への考え方です。

 

また日本人ならお風呂は毎日入る方がほとんどでしょう。 一日の疲れもとれますが、清潔ですしね。

 

そもそもお風呂に入るという習慣は他国でもありますが、複数の家族で同じ湯につかるというのはないでしょう。

体をきれいにしてから湯舟につかる。日本人ならあたり前ですが、通常シャワーか、バスに入るといっても、自分だけ湯舟につかり、バスで石鹸で洗い流しておしまいです。 家族4人がいたら、バスへお湯が4杯必要ということになりますね。

 

今回のコロナも感染者数だけはすごいことになっていますが、日本人とわかっている方は少ないです。 感染者のほとんどは国籍不明といわれている方々です。 どこの国か知りませんけど。

 

日本人のように清潔で髙い衛生感覚を持っていればさすがのコロナでも広がりません。

 

世界一長い単一民族の歴史を持ち、広く民族を受け入れてきたところから、会得した衛生感覚ではないかと思います。  

 

素晴らしき日本人。