エキス紹介 オリーブ葉エキス

エキス紹介  オリーブ葉エキス

 

文献の紹介です。 この論文は甘粛省龍南市のことが書かれています。私はこの産地は2018年1月に産地視察に

伺いました。

      一年目の苗

オリーブ苗1

一年目の苗はすぐに枯れてしまうので完全保護となっています。

 

 

          2年目の苗

オリーブ苗

ここまでくるとあと一年たつと外へ植えても大丈夫

 

オリーブ葉エキスの生物活性に関する研究の進展

[Research progress on biological activities of Olea europaea leaf extract].

Journal
Zhongguo Zhong yao za zhi = Zhongguo zhongyao zazhi = China journal of Chinese materia medica. 2016 Feb;41(4);613-618. doi: 10.4268/cjcmm20160411.
Author
Jie Zheng, Jian-Teng Wei, Jian-Fei Liu, Ye-Wei Liu
Abstract

Olea europaea oil is one of the most important part of the “Mediterranean dietary pattern”, and a lot of epidemiological evidences showed that people with the Mediterranean diet having a lower morbidity of the cardiovascular system diseases, skin cancer and colon cancer. The health benefits of a Mediterranean diet not only attributed to monounsaturated fatty acids and vitamins and other nutrients in O. europaea oil, but also the phenolic compounds named as antioxidant effect. Studies have shown that O. europaea leaf contains much more antioxidant activity composition than the fruit, and oleuropein, flavonoids such polyphenols are the main active ingredients in O. europaea leaf. A small amount of O. europaea was introduced into China in 1956, after widely cultivated in Fujian, Guangdong, Taiwan, Sichuan, Shaanxi, Yunnan, and Longnan in Gansu province is the biggest O. europaea planting area in the country. In every winter pruning O. europaea will produce a large number of the leaves, which could be a high added value products (phenolic compounds) of rich source. This article through consulting the literature at home and abroad, classified and summarized the biological activity research status of O. europaea leaf extract and the possible mechanisms, including antimicrobial, antitumor, antioxidation, and on the function of brain, cardiovascular system, anti-diabetes, anti-inflammatory and analgesia and so on. At the same time looked ahead to its development prospects of O. europaea leaf extract, it has variety and high content of active ingredients, and antioxidant synergy, which provide a theoretical basis for the further development and utilization of O. europaea leaf. And O. europaea leaf extract has a rich cheap source and good bioavailability, which provided a broad space in the application of medical and health care.

 

 

オリーブオイルは、「地中海の食事パターン」の最も重要な部分の1つであり、多くの疫学的証拠により、地中海式食事の人々は心血管系疾患、皮膚癌、および結腸癌の罹患率が低いことが示されました。地中海式ダイエットの健康上の利点は、オリーブオイルに含まれる不飽和脂肪酸やビタミンなどの栄養素だけでなく、抗酸化作用として挙げられているフェノール化合物にも起因します。研究によると、オリーブの葉には果実よりもはるかに多くの抗酸化作用があり、オレウロペイン、ポリフェノールなどのフラボノイドはオリーブの葉の主な有効成分です。福建省、広東省、台湾、四川省、陝西省、雲南省で広く栽培された後、1956年に少量のオリーブが中国に導入され、甘粛省の龍南市は国内で最大のオリーブの栽培地域です。毎年冬に剪定を行うと、オリーブは多数の葉を生成します。これは、豊富なソースの高付加価値製品(フェノール化合物)になる可能性があります。この記事は、国内外の文献を参照して、オリーブの葉の抽出物の生物活性の研究状況と、抗菌、抗腫瘍、抗酸化、および脳、心血管系、抗糖尿病の機能などの考えられるメカニズムを分類および要約したものです。 、抗炎症および鎮痛など。同時に、オリーブ葉抽出物の開発の見通しに目を向けました。有効成分の多様性と高含有量、および抗酸化相乗効果があり、オリーブ葉のさらなる開発と利用の理論的基礎を提供します。また、オリーブ葉抽出物は、豊富な安価な供給源と優れたバイオアベイラビリティを備えており、医療およびヘルスケアのアプリケーションに幅広いスペースを提供しています。

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»