オリーブ葉エキスの効能効果

オリーブ葉エキスの効能効果

 

文献で抗炎症作用がオリーブ葉にはあることがわかる文献を紹介します。成分に対しての言及がないので、弊社が扱うオリーブ葉エキスでの効果があるとは言い切れませんが、開発のヒントになるでしょう。

 

オリーブ葉の抗炎症作用および抗侵害作用の評価

オリーブの葉と果実は、さまざまな種類の病気、すなわちリウマチや痔の治療に使用され、また、民間療法の年齢の血管障害の血管拡張薬としても使用されています。この情報を評価するために、オリーブの果実から調製されたエタノールおよびn-ヘキサン抽出物の抗炎症作用および抗侵害受容作用を調査しました。抗炎症活性については、カラギーナン誘発後足浮腫および酢酸誘発毛細血管透過性増加モデルが使用されたが、抗侵害受容活性については、p-ベンゾキノン誘発身悶えおよびマウスにおけるホットプレート試験が使用された。結果は、エタノール抽出物が有意な抗炎症作用または鎮痛作用を示さなかったのに対し、n-ヘキサン抽出物は、400 mg / kg用量で、カラギーナン誘発後足浮腫モデルに対して12.7〜27.8%の抑制を示したが、誘導はしなかった明らかな急性毒性および胃の損傷。炎症性疾患の治療に使用される安全で効果的な薬剤を生み出す可能性があるこの植物から、活性な抗炎症および抗侵害受容成分を定義および分離するために、さらなる研究が必要です。

 

Assessment of anti-inflammatory and antinociceptive activities of Olea europaea L.

Journal
Journal of medicinal food. 2010 Apr;13(2);352-6. doi: 10.1089/jmf.2009.0067.
Author
Ipek Peşin Süntar, Esra Küpeli Akkol, Turhan Baykal
Abstract

Leaves and fruits of Olea europaea L. (Family Oleaceae) are used for the treatment of various kinds of diseases, i.e., rheumatism and hemorrhoids, and as a vasodilator in vascular disorders for ages in folk medicine. In order to evaluate this information, anti-inflammatory and antinociceptive activities of the ethanolic and n-hexane extracts prepared from the fruits of O. europaea were investigated. For the anti-inflammatory activity, the carrageenan-induced hind paw edema and acetic acid-induced increased capillary permeability models were used, whereas for the antinociceptive activity, the p-benzoquinone-induced writhing and hot plate tests in mice were used. The results revealed that the ethanolic extract did not show a significant anti-inflammatory or analgesic activity, whereas the n-hexane extract displayed 12.7-27.8% inhibition on the carrageenan-induced hind paw edema model at the 400 mg/kg dose, without inducing any apparent acute toxicity as well as gastric damage. Further studies are warranted to define and isolate the active anti-inflammatory and antinociceptive components from this plant, which may yield safe and effective agents to be used in the treatment of inflammatory disorders.

 

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»