ジョハリの窓

ジョハリの窓

 

心理学者のジョセフさんとハリントンさんが50年以上まえに考えた手法です。

すごいですね。いまだに有効なんですから。 

この地球において、人間関係は永遠の悩みです。 親子関係、友人関係、会社関係、ご近所付き合いなどなど、キリがありません。 自分はどんな人間なのか、相手はどうか究極これしかありません。

このジョハリの窓は実に有効に機能しますし、カウンセラーや人財教育においてわかりやすくてとても有効です。

 

自分の特性を「4つの窓」(自分も相手もしっている。 自分は知らないが相手は知っている、自分は知っているが相手はしらない、自分も相手も知らない)に分類していきます。

 

「自分による自分の4つの窓」と「他人による自分の4つの窓」を照らし合わせてみていきます。

 

これは自分だけでやるわけではないので、ちょっと怖いけど自分の知らないところが分かるので面白いですよね。 一応私もカウンセラーの端くれであるので、楽しかったですよ。

 

会社のメンバー、上司と部下とか、友人知人、夫婦とか2人以上いればどこでもできるのでやってみるといいですよ。