エキス紹介 ロータスリーフエキス

脅威の燃焼系!ロータスリーフエキス

 

ロータスというと、お菓子を想像してしまう人もいるかもしれませんね。

 

日本は蓮葉、中国は荷葉というように呼ばれています。

特に日本ではお釈迦様が蓮葉に鎮座されていますから、知らない人はいないでしょう。

 

ロータスリーフの効能

 

中国では痩身剤の処方に多用されていることが分かっています。 

特にこの葉にはヒゲナミンが含まれており、ドーピング規制にひっかります。

 

ヒゲナミンとは交感神経興奮作用があります。 

具体的にはβ2作用として、気管支拡張作用があります。

漢方薬の風邪薬や咳止めに入っていることがあります。

南天実にもヒゲナミンが入っています。

ナンテンのど飴が有名ですよね。

 

つまりこのような物質を摂取するということは、体が興奮状態になるということです。

ドーピングに引っかかるくらいですから。

 

代謝が上昇していきます。その燃料はなんと脂肪です。

 

そうなんです。 このエキスをとれば脂肪が燃えるのです。 つまり血中の脂肪分がどんどんなくなるので、エネルギー貯金の皮下脂肪が消費されて血中に分解されて運ばれていきます。

その結果皮下脂肪がどんどんへってしまうことになります。 

 

貯金はいいけど、貯脂はいりまへんわ。

 

すごいエキスです。 蓮葉にこんな作用があるとはびっくりです。

 

日本では全く知られていない新事実です。

 

楽に痩せるためには、基礎代謝を上げることが簡単でいいです。 

 

ロータスリーフエキスをとることによって、起きていても寝ていても、基礎代謝があがり脂肪が勝手にどんどん減ってく理想的なエキスとなります。