エキス紹介 ムクナエキス

ムクナエキス

 

このエキスの規格化している成分はレボドバです。

はじめて知った時びっくりしました。

レボドパといえばパーキンソン病に使う薬品だからです。

 

ムクナは食品で使っていいのか?と思い調べましたが、全く問題ないです。

 

江戸時代は確かに食べていたことが確認されています。

ただ、灰汁(レボドバ)が多いということで、何回も灰汁抜きをしたようです。

 

なぜこのムクナが体内でレボドパを作るのか?わかりません。

でも実に興味があります。 ムクナにとってレボドパはどんな意味があるのか実に知りたい。

 

このレボドバはドーパミンに代謝されます。

 

ドーパミンはやる気ホルモンといわれている伝達物質ですね。

 

このような物質が入っているので、古典的に催淫剤につかわれたりしています。

 

まあ子孫繁栄は人類にとってもっとも大切なことですから。 

前の記事へ

«

次の記事へ

»