金銀花(スイカズラ)

金銀花(スイカズラ)

 

学名:Lonocera japanica(スイカズラ科)

 

6月ごろ金色や銀色の花をつけることからこの名がつきました。

忍冬ともいわれます。 忍冬というと茎と葉を指します。

つる性なので、高い木にまとわりついて花をつけているときがあります。

 

解熱作用や殺菌作用があるので、治頭瘡一方に応用されます。

 

日本のレギュレーションでは食品でも医薬品でも使用する生薬です。

 

   【金銀花】

殺菌作用が強いのでのど飴とかに応用されます。

また銀翹解毒片という処方に配合されており、のどの痛みが伴う風邪の初期症状に薬に配合されます。

 

【応用例】

 

・お茶

そのままお茶で飲んでもらって風邪予防。もちろん引いてからでもOK。

中国では「王老吉」という、中国人なら知らない人はいないといわれるお茶があります。 知らないならもぐりです。夏にのむ涼茶がありますが、ここにも金銀花が配合されています。

 

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»