アセビ

アセビ

 

たまに見かける植物だなあと思っていたが、調べてみるとアセビであった。 アセビは別名馬酔木といい、馬が酔う木なんて実に気になる木だなと思い、調べてみると馬には毒になるのでそのような名がついたようです。

古来から葉を煎じて殺虫剤として利用していたようです。 どこをとっても毒が含まれているようですね。

自然農薬として研究されているとか。

 

鹿が嫌がる木なので、鹿から畑を守るためにも応用されています。 奈良公園で応用されています。

 

学名 Pieris japonica subsp. japonica

 

食用 全草有毒で食用不可です。

 

薬用 血圧低下作用 疥癬、毛じらみには茎や葉を煎じて患部を洗います。 腫れものには葉を火であぶるか塩でもんで患部に塗布します。

水虫には葉を炭火において煙をださせ、その煙を患部に当てる。

 

いずれにしても、抗カビ作用、殺虫作用があるようです。 本当に古来の人はどうやって知ったんでしょうね。このような智慧を。 実に素晴らしい。

 

       アセビ

アセビ

 

 

花言葉 犠牲、献身。  

 

撮影地 京都市

前の記事へ

«

次の記事へ

»