雪の下

雪の下

 

学名 Saxifraga stolonifrea ユキノシタ科 中国では虎耳草(こじそう)といいます。

名前の由来は冬でもかれないし、雪の下に生えているのでそう言われているそうです。

 

効能:むくみ 胃もたれ 下痢 

 

用法: 5gから10gを600ccで煎じて300ccにまでにして服用します。

 

なんと外用でも使えます。 腫れものには生葉を火であぶり患部へ貼ります。

 

搾り汁は中耳炎耳だれ かぶれに使います。

 

なんと風邪にも使っていました。  解熱、解毒にも使用しています。

 

食用では山菜として天ぷらやごまあえ、辛し和え、おひたしにもして食していました。

今は食べている人はいるのかな?

 

成分は 硝酸カリウム 塩化カリウム  アルブチン ベルゲニンなどです。

アルブチンはウワウルシに含まれる成分で、美白作用、尿路感染に効きます。

食品だとクランベリーがよく応用されています。

 

ゆきのした

 

  撮影地 東京都恵比寿駅近く

 

花言葉 愛情 切実な愛情 深い愛情 軽口 無駄 博愛 好感 恋心

 

和方薬すごいです

前の記事へ

«

次の記事へ

»