ツユクサ

ツユクサ

 

生薬名:鴨跖草(おうせきそう)

学名:Commelina communis (ツユクサ科)

ツユクサ

自宅に生えています。 今は満開ですねえ。

 

 

薬用

解熱、利尿、解毒として、かぜ、熱性下痢、水腫(すいしゅ)、心臓病などに用いたそうですが、現代で使っている人はいないでしょう。

薬草としても流通していないでしょう

 

虫刺され、腫れ物には、生の茎葉を良くもんだ絞り汁を塗るといいとされていますので、これは試してみようとおもいます。

 
眼病には、ツユクサの花の絞り汁で目を洗浄すると良いとされていますが、花の搾り汁はとてもではないけど、大量の花がいるし、眼にはどうも、、、、やめときます。

 

食用

生の茎葉をそのままか軽く茹でて、サラダ、和え物にしますといいますが、ちょっと食べる勇気がでないなあ。

 

花言葉

尊敬、変わらぬ思い、懐かしい関係、わずかな楽しみ、豊潤、恋の心変わり、敬われぬ愛 ひそかな恋

なんともつかみのようのない花言葉です。

 

田舎ではつゆくさをみつつ夜も更け、鈴虫のなく声に耳を傾けながらひと時の流れを感じています。 今という永遠の時間を。

 

おまけ

虫の声 海外では雑音らしいですが。

 

次の記事へ

»