ヒナゲシ

ヒナゲシ

 

ヒナゲシ

 

春になると駆除されるお気の毒な野草です。

花言葉は恋の予感、いたわり、思いやりといい言葉ですね。

 

学名:Papaver rhoeas ヨーロッパ原産のケシ科の一年草。

 

日本ではまったく利用されていませんが、ヨーロッパでは煎じて、ワインに入れて飲んでいたそうです。 

鎮痛 鎮静作用で使われていたようです

 

成分はパパベリン ロエアディン、メコン酸 メコシアニン など 聞いたこともない成分ですが、麻薬性はなく、鎮痙鎮痛で使える成分ですね。

 

さすがヨーロッパ。 煎液をワインに入れて飲むなんて、ちょっとおしゃれだなって思ってしまいます。

 

どくだみの煎液を日本酒に入れてもな。

飲む気しないわ。

 

日本の法律ではこのヒナゲシ、なんと食品で使用可能なんですね。専ら医薬品ではありません。

 

 

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»