ヒゲナミン

ヒゲナミンとは

 

漢方薬で含まれる成分です。 細辛、呉茱萸、南天実などに含まれています。

 

       ヒゲナミン

ヒゲナミン

南天実に含まれているのはのど飴に応用されているのはとても納得いきます。

 

ヒゲナミンの作用は交感神経興奮剤で、β2作用です。

β2とは何かというと、気管支拡張作用のことです。

 

本当に植物ってすごいですね。

 

実は蓮の葉にもヒゲナミンが含まれているのです。

 

蓮の葉は淡切り、咳止めに民間的に使われていたのです。

民間薬はすごいです。

 

確かに今みたいに医術が発達していないころであれば、風邪から死んでしまう人もいるし、またちょっとしたけがでも、化膿して死んでしまうこともあったでしょうから。

 

野山でどの薬草が何に効くのかをよく知っていたのでしょう。

 

 

 

 

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»