和紅茶

和紅茶とは何か

 

国産紅茶のことです。 なぜか日本は発酵文化があるにもかかわらず、お茶はどうして発酵させなかったのか? 実に謎です。

 

大豆は発酵させてみそやしょうゆ、納豆をつくりました。しかし茶は発酵品がないのです。 実に不可解な話です。

 

和紅茶自体歴史は新しく1876年から日本で紅茶を生産されていたそうです。 しかし輸入品に押されて、ほぼ絶滅したそうですが、一部で生産されていたものが和紅茶として再度脚光をあびることになったようです。

 

紅茶はインドやスリランカが有名です。中国ではウーロン茶、黒茶、プアール茶があります。

 

あるときお客様よりご教授いただきました。

 

お客様では和紅茶を水出ししてボトルにつめて販売しているそうな。

一本2500円とか相当高額商品に聞こえましたが、ノンアルコールのお客様向けで高級ワインと引き合いに出されると、まあ確かにアリな商品だなと納得しました。

 

ワインなら一本数万とか高いワインあるし、ノンアルコール派からしたら、

一杯300円のウーロン茶と言われても割り勘負けしますから。

 

そのお味というのは口当たりは実にまろやかでした。透き通るようなのど越しの後、味わったことのない爽快感が駆け抜けていきました。

 

これはなんだ? こんな紅茶が世の中にあったんだ!と驚愕しました。

 

また名前がいいですよね 和紅茶なんて。

次の記事へ

»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です