咳には種類があります

咳の種類

 

咳は咳でしょ? と言いたくなる気持ちもわかりますが実は2種類あるんです。

 

1つは中枢性の咳と末梢性の咳です。 よく膝を叩いで、足が跳ね上がることをしますが、いわゆる反射反応です。 中枢、つまり脳みそがかかわらないで体が動くことです。

咳にもありまして、中枢性、つまり脳みそを使ってでる咳と、末梢性、つまり脳みそを使わないで出る咳があります。

 

中枢性の咳は風邪をひいたとき、異物かなにか入った時に出る咳です。

末梢性の咳は、気管や気管支に炎症ができて、半ば慢性的にでる咳です。

一過性の喘息、咳喘息といわれている症状です。

 

この末梢性の咳には特徴があって、起きているときや寝ているときには咳がでませんが、朝起きる時、夜寝る時にでます。 それも連続する咳です。

 

もしこのような咳がでたら、病院に行くなら、「喘息」のような咳とキーワードを入れて先生に説明してください。ピンポイントで出してくれます。

市販の薬でも、気管支を広げる咳止めがありますから、店員さんに教えてもらってください。

市販の咳止めは90%は中枢性の咳止めですので、店員さんに喘息のような咳がでると説明してください。

あと漢方薬でも末梢性の咳に効く薬があります。 それは「麦門冬湯」です。この漢方にはプレドニンのような天然ステロイド薬が入っているのでエ炎症を強力に治してくれます。

またムコダインのように痰をさらさらにしてくれるし、喉も潤してくれます。なんとも不思議な薬です。