誰でも怒ることはできる(アリストテレス)

誰でも怒ることはできる

 

誰でも怒ることはできるそれは簡単なことだ。

しかし正しい人に、正して程度に、正しい時に、正しい目的、正しい方法で怒ることは簡単ではない。

 

日本ではこれは怒るではなくて叱るに相当するんでしょう。

叱ると怒るが区別がついていない人は多いですが、基本的に怒るは感情に任せて自分中心に怒りを爆発させること。

叱るは相手中心で、相手を成長させる、気ずかせる、教育のために行う行為で、そこには愛情はあって、冷静さがあると私は理解している。

 

叱る行為というのは確かに難しい。 常に冷静が必要だし、相手中心なので、タイミングや相手のメンタルの強さ、理解の程度、コミュニケーションの種類などをよく考えて伝える必要があるから。