エキス紹介 酸棗仁エキス

エキス紹介 酸棗仁エキス

 

不眠症に応用される酸棗仁湯のほとんどを占める酸棗仁自体が日本ではほとんど利用されていないのでご紹介します。 この論文はGABA作動性の作用機序ということでした。 

 

 

不眠症に対する酸棗仁の種子化学と精神薬理学のレビュー

要旨
背景:中国医学では、酸棗仁 は、不眠症の治療に広く使用されています。

目的/セクション:この論文は、化学、精神薬理学を要約し、ナツメ属の植物、サネブトナツメ(ZN)の種子(酸棗仁)の医薬品効果をベンゾジアゼピン(セルシン、アルプラゾラム、ブロチゾラムなどの抗不安剤、睡眠剤)と比較する。全体の抽出物および構成化合物は、前臨床および臨床研究で評価されています。.

結論: ZS二次代謝産物はGABA作動性活性および血清調節系を調節する。実際の治療薬は、新しい不眠症の植物薬を発見できるように、さらなる確認/同定を必要とします。

原文

2017 Oct 15;34:38-43.

 doi: 10.1016/j.phymed.2017.07.004. Epub 2017 Jul 4.

Ziziphus spinosa seeds for insomnia: A review of chemistry and psychopharmacology

Affiliations 

Abstract

Background: In Chinese medicine, Ziziphus jujuba Mill. var. spinosa (Bunge) Hu ex H. F. Chou is widely used for the treatment of insomnia.

Purpose/sections: This paper summarises the chemistry, psychopharmacology, and compares the pharmaceutical effects of the seeds of Ziziphus jujuba plant, Ziziphus spinosa (ZS) seeds, with benzodiazepines. Whole extracts and constituent compounds have been evaluated in preclinical and clinical studies.

Conclusions: ZS secondary metabolites modulate GABAergic activity and the serotonergic system. The actual therapeutic agents require further confirmation/identification so that new insomnia phytomedicines can be discovered.

Keywords: Insomnia; Phytochemical; Psychopharmacology; Suan zao ren; Ziziphus spinosa; Zizyphus.