脳内動脈瘤手術を受ける

脳内動脈瘤手術を受ける

 

今年の春にもらい事故で10:0の事故にあいました。 私が鼻歌まじりでロビンソンを謳いながらご機嫌で走ってたら、対向車がいきなり右折してきて、激突。一瞬何が起こったのかわからず、ああ事故られたんだと。

ドアが開かなかったので助手席から脱出。 もう少しドア付近なら私は重症を負っていたでしょう。

タイヤに激突してきたのでエンジンまでやられていました。

 

頭を少し打ったので念のために検査してもらったら脳幹のところに8ミリもある動脈瘤が発見されて仰天。

先生に血圧も高くないのにできるの?と質問したら動脈瘤は血圧は関係ないんですよと。

 

 

早速手術してもらうことになりましたが、2日間絶対安静だからと、おむつして、さらにトイレいけないからと陰茎にチューブを生まれて初めて入れられて、ずっと違和感。でも1日で慣れて、トイレ行かなくてもいいなんてとっても便利だなあと実感。

 

手術自体はカテーテル手術なので麻酔もなく声が全部聞こえているんですね。

 最後に動脈瘤にプラチナが入った時の音まで聞こえてなんともいえなかったなあ。

 

子供たちにとうちゃんが死んだから脳内のプラチナやるわといったけどあっさりそんなもんいらん。

金くれと。 まったく現金な野郎たちだわ。

 

こうして生まれて初めてカテーテル手術を受けました。 

 

病院、ドクター、薬剤師さん、看護師さん、スタッフの皆さん 本当にお世話になりました。

おかげで命拾いしました。

これで長寿は間違いなしだ!

 

前の記事へ

«

次の記事へ

»