視神経髄膜炎

視神経髄膜炎

 

視神経髄膜炎(ししんけいずいまくえん)の患者さん。 いきなり目の前が真っ暗になったそう。

 

この病気は難病扱いで多発性硬化症/視神経髄膜炎で 指定難病13になっています。

 

患者さんはいったい自分の身に何が起こったのかわからず、いろいろな病院にいったそうです。

神経線維は絶縁体のビニールみたいに普通はカバーされているんですが、この病気になるとそのビニールカバーが溶けてなくなり、神経がむき出しとなってしまうのです。これが視神経に起こるとこの病気になります。

 

治療をしだして真っ暗にはならなくなりましたが、視野が欠けているそうです。 

 

治療はとにかく自己免疫疾患で炎症を起こしているので、ステロイドで強力に炎症を抑えることになります。

 

まったく様々な病気があるんですね。 

 

 

日々の健康に感謝です。