市販の胃腸薬の使い方

市販の胃腸薬の使い方

 

胃腸薬はたくさん種類あるからよく聞かれます。 逆の立場やったら迷うと思います。

どんだけ種類あるの?と私も思いますわ。

 

空腹になるといた痛くなる場合(胃炎) 

満腹だと痛くなる場合(十二指腸炎) 

とにかく胃酸を中和するか分泌を止める必要あります。

 

軽い場合 制酸系 太田胃散など  

強烈に痛いとき 胃酸止める系 H2ブロッカー ガスターなど

 

胃の働きが悪いなと思う場合、食べたものがずっとある感じがする場合

胃の動きを高めることが必要です

機能性を高める系 タナベ調律胃腸薬 

 

胃がしくしくする場合

慢性胃炎で粘膜が弱っているので粘膜を作る必要があります

粘膜保護系 セルベール スクラート など

 

食べ過ぎで消化不良の場合

消化酵素をとり消化促進する必要あります。

消化不良系 三共胃腸薬

 

食欲があるのに、すこしたべるとすぐに食べれなくなる場合

胃の機能が低下しているので、機能を上げる必要があります。

機能性ディスペプシア 六君子湯(りっくんしとう)

 

吐き気がある場合

微熱や下痢がある場合は 柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)

熱も下痢もない場合は サクロンQ

 

薬を飲むのがいやなら、胃痛以外なら1食から2食断食でもよくなります。

 

 

以上参考にしてください