塩化亜鉛療法(Bスポット療法)

塩化亜鉛療法

 

これは私は最近知りましたが、咽頭扁桃に塩化亜鉛を塗布する療法です。

 

 

 

咽頭扁桃

 

ここの慢性炎症から後鼻漏、鼻の奥の違和感、IgA腎症も治る場合があるそうです。 

酸化亜鉛は殺菌作用、抗炎症作用があります。

 

この慢性炎症から、めまい、関節炎、腎症など全身症状に発展しているケースがありますが、現代医療ではまずわからないでしょうね。

 

原因不明の病気はこの塩化亜鉛療法を行うのはアリだと思います。

 

自宅でやるなら、アストリンゴゾールというグラクソスミスクライン社が販売しているのでこれで鼻うがいすればいいでしょう。

グラクソスミスクラインってこんなすてきな商品売っていたんですね。

 

塩化亜鉛だけでなく、ミルラ(ミイラに使った天然防腐剤)という殺菌剤も入っています。 

 

私もためしてみよっと。

前の記事へ

«

次の記事へ

»