甘麦大棗湯の臨床報告

甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)

 

処方内容は小麦(こむぎ)、大棗(なつめの実)、甘草の3味でできています。

効能効果は不眠症、不安症、子供の夜泣き、ひきつけに使われます。

 

しかし低気圧になると調子が悪くなるときに使う方がいました。 この処方は気圧にも効くのかと驚きました。

 

五苓散が低気圧の頭痛に使われることは知ってはいましたが、甘麦大棗湯も気圧性の症状に効くとはおどろきました。 

 

それにこの処方内容はすべて食品で使えるものなのです。 

まさに医食同源ですね。