心室中隔欠損 VSD

心室中隔欠損

 

心室中隔とは心臓の4つの部屋のうち右心室と左心室の間を隔てる筋肉の壁のことです。 心室中隔欠損はこの壁に欠損、つまり【穴】が空いている状態です。

こういった赤ちゃんは100人に一人の割合で生まれてきます。 

 

この赤ちゃんは息をするのもやっと。ミルクを飲むのも苦しがります。 生後一年以内に穴は自然と閉じていきますが、2歳を超えては自然に穴が閉じることはないです。

 

症状は脈が速い、呼吸が速い 寝汗をかく、手足が冷たい、ミルクを飲むのがしんどそうと一か月~2か月ででてきて、体重の増加も落ちてきます。

 

6か月の赤ちゃん 体重は6kg 前回より薬が各1mgつづふえている。

体重6kgというのは標準体重の下限。 

 

利尿剤を飲んでいるということは穴は大きめのよう。 ある程度大きくなってから手術するとのことだった。

 

親御さんは心配だろうな。

大いに共感してしまい、涙ぐむところだった。

 

できれば手術しないで穴がふさがれるように祈りながら、薬をつくりました。

 

健康は当たり前ではないですね。 健康であると、健康のありがたさがわからず、病気にならないと健康のありがたみがわかりません。

 

健康に感謝です。