薬草ミニ図鑑

セントウソウ

セントウソウ   雑木林でよく見かけるんだけどようやく調べることができました。仙洞草ともいいます。 別名オウレンダマシともいいます。薬草の黄連ににていることからそうついたようです。   学名…

ナガバタチツボスミレ

ナガバタチツボスミレ   なかなか分類がわからなかたけど、ようやく見つけました。 長い名前ですよね。 学名 Viola ovato-oblonga スミレ科   ナガバタタチツボスミレ このナガバタチツボスミ…

マツバウンラン

マツバウンラン マツバウンラン(松葉海蘭、学名: Nuttallanthus canadensis)は、ゴマノハグサ科(オオバコ科)の一年草または二年草       マツバウンラン   食用 食べれません 薬効 葉…

ムスカリ

ムスカリ   のせようかどうかまよったけど、載せます。 綺麗な紫いろしていたので何かこれは薬効があるに違いないと思ったけど、大外れー。   学名 Muscari neglectum  キジカクシ科 南西アジア、…

わらび

わらび   わらびはシダの仲間です。 若芽(スプラウト)を食べたりします。 おいしいですよね。 わらび。 また春の風を感じます。 また根っこはでんぷんがおおく、わらび餅の原料となります。   …

野苺(ノイチゴ)

野苺(ノイチゴ)   天橋立を散歩中に見つけました。 イチゴはわかったけど、野苺だったとは。   学名 Rubus hirsutus  バラ科 別名 草苺 早稲苺         野苺   食用 …

ユキヤナギ

ユキヤナギ   治に真っ白な小さな花をつけるユキヤナギ。存在すら知らなかった植物ですが、今回調べて初めて知りました。 最近近所でも出張先でもちょいちょい見たことがない植物をみると写真をとってあと…

オオハラセイトウ

オオハラセイトウ   綺麗な紫色の花だなあと思い写真撮ってしまいました。   学名 Orychophragmus violaceus 別名 大紫羅欄花(しょさっかい)     江戸時代に中国から入ってきた…

ヤエムグラ

ヤエムグラ   学名 Galium spurium アカネ科の道端の雑草 これもどうやら帰化植物のようです。   小倉100人一首には「八重むぐら しげれる宿の さびしさに 人こそ見えね秋は来に」 といわれて…

ヒメオドリコソウ

ヒメオドリコソウ   ヒメオドリコソウはよく見かけます。 3月~4月にたくさん咲いています。 葉っぱを見る限りシソの仲間だよなとわかります。 日本原種ではなくヨーロッパ原産の帰化植物です。 葉っ…

合歓木(ねむのき)

合歓木(ねむのき)   和名のネムノキは、夜になると葉が合わさって閉じて(就眠運動)眠るように見えることからつけられたようです。 漢字名の「合歓木」は、中国においてネムノキが夫婦円満の象徴とされ…

ゴールデンオレンジ

ゴールデンオレンジ(黄金柑 おうごんかん)   学名 Citrus flaviculpus  ミカン科      成分はリモネン、モノテルペン、ビタミンC クエン酸 ビタミンE シネフリン カリウム カルシ…