薬草ミニ図鑑

ツユクサ

ツユクサ   生薬名:鴨跖草(おうせきそう) 学名:Commelina communis (ツユクサ科) 自宅に生えています。 今は満開ですねえ。     薬用 解熱、利尿、解毒として、かぜ、熱性下痢、水…

3-nブチルフタリド

3-nブチルフタリド   セロリのあの匂いのもとです。 尿酸を下げたり、炎症を抑えたりしてくれます。   セロリにも含まれますが、エキスはセロリシードから作ります。       3n ブチル…

仙人草(センニンソウ)

仙人草   学名 Clematis terniflora DC. キンポウゲ科 別名 ウマクワズ  馬が絶対に食べないことからそういわれています。   近所のお寺で発見しました。  きれいな花だなって。見たことが…

クロロゲン酸

クロロゲン酸   コーヒーに多く含まれますが、多くの植物に含まれることが分かっています。       クロロゲン酸 血糖値をさげることも分かっています。 あとは肝臓保護作用、私はIGF-1分泌促…

ワスレナグサ

ワスレナグサ   ワスレナグサは原産はヨーロッパです。 学名 Myosotis scorpioides   名前がいいですよね。    ドナウ川に落ちて死んだドイツの騎士ドルフの物語から彼が最後に残した言葉…

ヒナゲシ

ヒナゲシ     春になると駆除されるお気の毒な野草です。 花言葉は恋の予感、いたわり、思いやりといい言葉ですね。   学名:Papaver rhoeas ヨーロッパ原産のケシ科の一年草。   日…

ドウダンツツジ

ドウダンツツジ   学名 Enkianthus perulatus ツツジ科    近所にかわいらしい花が咲いていましたので、つい写真撮ってしまいました。   これは薬草ではありません。 残念ながら。

ロズマリン酸

ロズマリン酸         ローズマリー、シソなど多様な植物に含まれるフィトケミカルです。   βアミロイドの分解促進、合成阻害しますので、アルツハイマー型認知症に効果がありま…

マンリョウ

マンリョウ   学名 Ardisia crenata Sims. またの名をヤブコウジといいます。 解毒、扁桃炎、おけつ、肝臓病、去痰、咳止めに応用していました。 日本では正月に飾る縁起物です。   花言葉は、…

イカリソウ

イカリソウ   学名 Epimedium gradiflorum var.thunbergianum 中国では淫羊藿(いんようかく)といいます。 羊が食べると淫らになる草(藿)という意味から来ています。 なんともいやらしい名前でしょう…

ヒゲナミン

ヒゲナミンとは   漢方薬で含まれる成分です。 細辛、呉茱萸、南天実などに含まれています。          ヒゲナミン 南天実に含まれているのはのど飴に応用されているのはとても納得いきま…