有効成分図鑑

カフェイン

カフェイン   カフェインは超有名なフィトケミカルです。これだけ汎用されていて実はアルカロイドなんです。       交感神経興奮作用を持ち、世界で親しまれている精神刺激薬です。カフ…

エモジン

エモジン   エモジンは大黄、クロウメモドキ、イタドリ、決明子、アロエなど多くの植物に含まれる下剤成分です。 薬になっているのは、非常に有名な仲間では「センノサイド」があります。 これは病院でも…

テアクリン

テアクリン   この成分は苦茶に含まれる成分です。 スポーツではアメリカではよく使われています。 カフェインのような作用を持ち、カフェインのような毒性がありません。        テアクリン …

桂皮酸

桂皮酸   桂皮の成分です。 といっても桂皮特有な成分ではありません。 いろいろな植物に含まれます。 抗酸化作用、抗炎症作用、抗ガン作用、糖尿病、抗菌作用もあります。       桂皮酸 &…

リナロール

リナロール   クロモジの成分です。 クロモジだけではありません。多くの植物に含まれています。  Lindera umbellata クスノキ科のクロモジ。 殺菌作用、抗ウィルス作用があります。 つまようじはこの…

イソフラボン

イソフラボン   大豆より見つかった成分。 日本人は枝豆にしたり、大豆を煮たり、豆腐にしたり、さらに高野豆腐にしたり、揚げ出し豆腐、油揚げにして日本の食生活にどっしりど真ん中に居座ってきました。 …

エピガロカテキンガレート

エピガロカテキンガレート   緑茶の成分でEGCGと略されます。カテキンの仲間です。 ほかにもカテキン、エピカテキンがありますが、基本構造は同じです。     エピガロカテキンガレート    …

ノビレチン

ノビレチン   柑橘類に含まれる物質でフラボノイドの仲間です。 抗炎症作用、抗がん作用、肝炎抑制作用、認知症にも効果が認められています。            ノビレチン   まだ…

レスベラトロール

レスベラトロール   アンチエイジングの代表選手レスベラトロール。サーチュイン遺伝子をONにするというので評判になりました。       レスベラトロール 他にも多くの生理活性があることが確…

エフェドリン

エフェドリン   この成分は麻黄から発見されたアルカロイド(窒素原子を含み塩基性を示す点ねにゅらいの有機化合物のこと。 この成分ほ薬理作用が強いのでほとんど医薬品成分に分類されます)    …