アストラガロシド

アストラガロシド

 

これはキバナオウギに含まれている成分です。

 

    アストラガロシド

 

アストラガロシド

この成分は結構研究されておりさっとみるとだけでも以下の論文がでできました。

 

以前から言われているのは免疫強化とか言われていましたが、腎機能改善作用の研究が多いです。

 

 

〇アストラガロシドIVは、腫瘍関連マクロファージを再教育することにより、マウス結腸直腸癌に対して抗腫瘍効果を発揮します

 

〇アストラガロシドIVは、炎症反応を抑制することにより、リポ多糖によって誘発される子癇前症のような表現型を緩和します。

 

〇アストラガロシドIV:心血管疾患の治療に効果的な薬

糖尿病腎障害動物モデルにおけるアストラガロシドIVの腎保護効果:系統的レビュー、メタ分析。

 

〇アストラガロシドIVは、加齢に伴う機能低下を改善し、抗酸化反応を誘発することにより、線虫の寿命を延長します

 

〇アストラガロシドIVは、PPARγ/ BDNFシグナル伝達経路を促進することにより、Aβ1-42オリゴマーが誘発する記憶障害と海馬細胞のアポトーシスを防ぎます。

 

 

〇PI3K / AKT / AS160経路を介したオートファジーの活性化による慢性糸球体腎炎におけるアストラガロシドIVの保護的役割

 

〇糖尿病性腎症の動物モデルにおけるアストラガロシドIVの保護効果と考えられるメカニズム:前臨床系統的レビューとメタ分析。

 

〇アストラガロシドIVとACEiの組み合わせは、db / dbマウスの腎障害を改善します

 

〇アストラガロシドIVは、糖尿病性腎症を効果的に軽減するマルチスケールのメカニズムを通じて作用します

 

〇オウギ多糖類とAstragaloside IVは、過活動膀胱のシクロホスファミド誘発マウスモデルを改善します。

 

〇アストラガロシドIIは、invitroおよびinvivoでの実験的潰瘍性大腸炎の症状を緩和します

 

〇アストラガロシドIVは、ストレプトゾトシン糖尿病誘発ラットにおけるeNOSの活性化を介して糖尿病性腎症から保護します。

 

〇ジンセノサイドRg1とアストラガロシドIVの組み合わせは、酸化ストレスを減らし、糖尿病性腎症のラットの腎線維症におけるTGF-β1/ Smadsシグナル伝達カスケードを阻害します。

 

〇Astragalus経口液剤は、CD4 + CD25highCD127low Treg細胞の相対的な含有量を調節することにより、小児のアレルギー性喘息を改善します

 

〇アストラガロシドIV / lncRNA-TUG1 / TRAF5シグナル伝達経路は、糖尿病性腎症ラットの有足細胞アポトーシスに関与しています

 

〇アストラガロシドIVサプリメントは神経障害の実験モデルにおける神経保護効果を促進します:系統的レビュー。

 

〇アストラガロシドIVは、マクロファージを介した炎症を改善することにより、3,4-ベンゾピレン誘発性腹部大動脈瘤を軽減しました

 

 

黄耆の成分、アストラガロシドは結構効きますね。 

前の記事へ

«

次の記事へ

»