ジヒドロケルセチン(タキシフォリン)

ジヒドロケルセチン(タキシフォリン)

 

果物、野菜、ワイン、茶、ココアなど沢山の食品に含まれます。 強力な抗酸化作用があります。

 

日本ではあまり有名ではありませんが、アンチエイジング作用としてはとても効果があると思います。

 

 

 

   ジヒドロケルセチン

 

ヒドロキシケルセチン

 

抗糖化薬タキシフォリンがアルツハイマー病モデルにおいて,アミロイドβの蓄積による神経変性を抑え,認知機能障害を改善することが分かっています。

 

血管壁に沈着したアミロイドβはタウの蓄積を促進することから,タキシフォリンはタウの蓄積を抑える可能性も示唆された.研究者らのグループは現在,シロスタゾールの抗認知症効果があると推察されます。

 

他の文献も当たりましたが、Nrf2経路を活性化することにより腎線維症から保護するというのが興味ありますねえ

 

*NrF2: NRF2の主な役割は、身体の細胞が受けるストレスのレベルを調節することです。

前の記事へ

«

次の記事へ

»