アスコルビン酸(ビタミンC)

アスコルビン酸(ビタミンC)

 

超有名ななのはレモンなどの柑橘類に含まれます。 レモン1個で20mg程度含まれます。

しかしレモンの酸味はクエン酸によるものなのであの酸味はビタミンCの酸味ではないです。

ほかにも柿、アセロラ、キウイ、トマトは非常に多く含まれています。

 

しかし現代は天然ビタミンCはほとんどなく興行的に製造されたものになります。

とうもろこし、小麦からグルコースに、そしてソルビトールへ変換されて、ソルビトールから合成されて製造しています。

 

 

 

壊血病、メルレルバロー病  消耗性疾患 妊婦などの栄養補給 毛細管出血などに医薬だと応用されます。 

巷ではコラーゲン合成に必要だということからコラーゲン+ビタミンCというのはセットになっています。

 

アスコルビン酸(ビタミンC)

アスコルビン酸

 

またドリンクなどの飲料はおいしいと感じるpHは産生領域なのでよく使われます。

 

この物質も酸性の物質なので、お掃除にも応用されますがクエン酸ほどではないです。

前の記事へ

«